ビューカードSuica(Apple Pay Suica QUICPay対応)

viewsuica-card01-img

1 ビューカードSuicaはApple Pay Suica、QUICPay対応

ビューカードSuicaは、Apple Pay Suicaと、QUICPayに対応します。特にSuicaへのチャージ、オートチャージで、ポイント還元率は通常の3倍の1.5%となります。

2 SuicaをiPhoneに登録できる

JR東日本SuicaをiPhoneに登録できるようになります。JR東日本を定期券で利用している今まで定期券は別途iPhoneケースに入れていたり、また、定期券入れをわざわざ出したりといった面倒がありました。

ApplePayによってSuicaを登録できるので、そのままiPhoneをかざして改札を通過できるようになります。

しかも、ビューカードSuicaならオートチャージ設定もできるので、Suica残高が減ると自動でチャージしてくれます。金額設定もiPhoneから出来るので、とても便利です。

3 ビューカードSuicaはモバイルSuicaでもお得

iPhone7から、JR東日本の特急券・乗車券を購入できるモバイルSuicaにも対応しました。

これが出来ると、JR東日本管内の出張であれば、チケットレスでiPhoneだけで、予約、購入、改札通過まで出来てしまいます。

これは本当に便利ですね。

さらに、ビューカードSuicaならば、特急券の購入もポイントが3倍の1.5%還元ですのでお得です。JR東日本管内の出張が多い方なら、間違いなくビューカードSuicaはお得です。

4 ビューカードSuicaは定期券購入でもお得

ビューカードSuicaでJRの定期券を購入すると、ポイントが3倍の1.5%の還元率となりお得です。

なお、残念ながら、同じFelicaチップを使っている首都圏私鉄用のPASMOはApplePay対応を表明していません。今後に期待です。

例えば、私鉄〜JR〜私鉄の経路の方は、PASMOでしか1枚の定期券にできなようです。

この場合、どうしてもApple Pay Suicaを使いたい場合は、私鉄〜JRをSuica定期に変更しApplePayに登録、残りの私鉄区間は泣く泣くPASMO定期とする方法がありますが、スマートではないですね。

5 まとめ

通常、クレジットカードの還元率は0.5%が多く、1.0%で若干高めですが、ビューカードSuicaは1.5%還元となり、大手クレジットカードの中でも高い還元率が魅力です。

Suicaで支払い可能なコンビニやスーパーなどはかなりありますので、

ビューカードSuicaではオートチャージのメリットがあります。Suica支払いで残高が一定金額を下回った際に自動的にチャージされる、オートチャージをビューカードSuicaで設定しておくと、還元率は1.5%になります。

コンビニ支払いでは複数のカードを組み合わせて2%以上の還元率を実現する事もできます。

しかし、そもそもコンビニのヘビーユーザーでなければ、オートチャージ設定したビューカードSuicaをコンビニでの支払いにすると決めてしまっても良いです。なんといっても1.5%と高い還元率です。

金額が少なければ、還元率が多少違ってもお得になる金額はさほど違いがありません。なので、ヒューカードSuicaを少額決済の電子マネーのメインにしておくと、分かりやすい上にお得になります。

Apple Pay対応のお得なカードとして、ビューカードSuicaはオススメの一枚です。

公式サイト(入会時にポイント還元されますので、お得です。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
スポンサーリンク