Apple Payの使い方

applepay

1 はじめに

iPhone7にFelicaチップが搭載され、ついにiPhoneもおサイフケイタイにすることができるようになりました。

ガラケーやAndoloidスマホでは実現していた機能がやっとiPhoneで「ApplePay」という名前で実現することになったので、とても喜んでいる方も多いことでしょう。

さて、ApplePayをiPhoneで使う事で、電子マネーやSuicaで改札を通る事が出来るようになります。

まず、理解しなければならない大事な事はApple Payの仕組みです。

2 Apple Payによって使える電子マネーは以下の3つ

Suica
QUICPay
iD

これらに紐付ける事が出来るクレジットカードは、登録した複数のカードから選べます。

また店頭では、Suica、QUICPay、iDのどれで支払うのかを告げて決済します。

少しわかりにくいのですが、クレジットカードで決済する訳ではなく、すでにおサイフケータイとして日本で普及してきた電子マネーで支払うのがApple Payという事なのです。

Suicaはプリペイド型ですので、金額指定チャージや、オートチャージの際に指定したクレジットカードで決済します。

QUICKPay、IDはポストペイ型という後払い方式の電子マネーですので、紐付いたクレジットカードでその金額が決済されます。

さらに、Apple Payはウェブサイトでの決済にも対応しています。iPhone7では指紋認証で認証するので、カード番号を登録するより格段に安全な決済手段となります。なお、ウェブサイトでの決済は、iPhone6、6Sでも使えます。

3 お得なクレジットカード

このように、Apple PayにはSuica、QUICPay、iDにクレジットカードを紐づけて使うことになりますが、クレジットカードはポイント還元があり、クレジットカードによって還元率が異なります。

どのクレジットカードを選ぶかによって、ポイントの溜まり方も大きく違ってきますので、その点をまとめていますので、ぜひ他のカテゴリも御覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
スポンサーリンク